学割が使える会社を選ぼう

学割が使える会社を選ぼう 学園祭を行えば、いい思い出作りをすることが出来ます。
みんなで協力をして一つのことを成し遂げていくというのは、今後社会に出てからも役立つことがありますので、しっかりと体験をしておくといいでしょう。
クラスでのまとまりを出すためにクラスTシャツの作成をすることにしたのであれば、学割が使えるお店を選びたいものです。
お金に余裕がある人はいくら必要になっても構わないかもしれませんが、親からの仕送りも少なくアルバイトで生活費を稼いでいる人にとっては、少しでも安い方が助かります。
学割が使えるのであれば、クラスTシャツを安く作ることが出来ますので、みんなからも不満が出にくくなるでしょう。
クラスTシャツを作る場合には、学割以外でも割引がきく方法もあります。
デザインをシンプルにしてみたり、一度に注文する枚数が多ければ単価が下がるという方法もありますので、出来るだけみんなの負担が少なくてもすむようなクラスTシャツ作りを目指しましょう。

クラスTシャツを安く仕上げる方法

運動会や文化祭などのイベントにおいて、クラスTシャツを作りたいというニーズが多くあります。
学生にとって、安く作りたいというのがあるでしょうから、その値段のポイントを説明します。
まずは、デザインと印刷箇所についてです。
なんといっても、印刷箇所が多ければ多いほど値段が上がってしまいます。
袖は印刷範囲が狭いのに1箇所となってしまいますので、これはおススメできません。
印刷可能範囲が大きくて、それでも1箇所とカウントされる場所は、「全背」つまりバックプリントとなります。
そして、さらに、色を多用すると値段が上がってしまうことが多いです。
これは色ごとに印刷して重ね合わせるため、印刷回数が上がってしまい、コスト高となってしまいます。
これらのことから、安く済ませるためには、背中に一色プリントがおススメです。
また、Tシャツは色を統一するとよいでしょう。
シャツの色は1枚1枚変えて選べるケースもありますが、そうするとデザインの色が、シャツの色によって目立つものと目立たないものが出てきてしまい、その調整が大変です。
せっかくのクラスTシャツであれば、シャツの色もそろえると統一感があってよいです。
安いデザインのポイントを守って、統一感を出せるとよいですね。